Welcome to the Packwood Lab ('P-Lab') at iCeMS, Kyoto University!
Image by Mindy Takamiya (2018)

To create novel physical properties by careful control of atomic-scale structure. This is the basic mission of materials science and the mantra of technological innovation in the 21st century. 

Our research group uses theoretical methods to obtain atomic-scale design principles for novel thin film materials, semiconductors, and others. We employ techniques from computational physics (mainly quantum mechanics and statistical mechanics) and applied mathematics (mainly statistics, machine learning, and probability), and develop our own techniques whenever needed. We work in close collaboration with experimental groups from academia and industry, and ultimately aim to establish a paradigm of 'theory-driven materials science'.


ナノ構造をデザインして目的の機能を引き起こすことは材料科学の本質である。本グループでは理論を中心とし、非従来型の薄膜材料や半導体材料を作成するための「デザイン原理」を目指している。具体的には、「ナノ構造の予測」、「ナノ構造に対する制御ルール」、そして「ナノ構造と機能の相関の解明」という課題に取り組み、計算物理・数理モデリング・情報科学の幅広い理論を統合したアプローチに活用する。研究成果を社会へフィードバックするために大学・企業の材料合成グループと協働研究を積極的に行い、デザイン原理を実際に活用しながら「理論駆動材料作成」というパラダイムを拓こうとする。

本研究グループは京都大学高等研究院物質ー細胞統合システム拠点(iCeMS)に所属されている。

Inquiries from prospective students and postdocs are most welcome (replace AT with @)

dpackwoodATicems.kyoto-u.ac.jp